リハと介護の転職

デイサービスの仕事内容と働くメリットとデメリット!コロナ禍でできるレクも紹介!

デイサービスの業務内容

コチラの記事では、介護士としてデイサービスで働いた私の経験をもとに、「他の施設からデイサービスへ転職を考えている方」もしくは「他の業界からデイサービス(介護業界)へ参入される方」に向けて発信しています。

また、現在デイサービスで働いている方にもコロナ禍のレクリエーションについて、悩みを抱えている方に、レクで接触しない方法を紹介しています。

参加率も上げることもでき、レクで使えるプレゼントも無料で配布しておりますので、レクリエーションで悩んでいる方は是非参考にされて下さい。

 

目次

デイサービスの1日のスケジュール

08:30〜   送迎

09:30〜   申し送り

09:45〜   入浴、創作活動

11:30〜   昼食介助、口腔ケア介助

12:30〜   休憩

14:00〜   レクリエーション

15:00〜   送迎

16:00〜   記録

17:00〜   終業

 

デイサービスの業務内容

デイサービスの業務内容

 

 

・利用者様の送迎

デイサービスの規模にもよりますが、ハイエースなどの大型車を使用している施設や軽自動車で送迎している施設に分かれます。

送迎車は車椅子を乗せれるように改造されており、簡単に乗り降りすることができます。

朝の迎えと昼の送りの2回ずつ行いそれぞれ1時間の送迎に時間を要します。

運転が苦手な方も送迎をしなくてはならない場合が多いですが、施設側の配慮により近場で運転しやすい場所を依頼されることも多いようです。

 

・バイタル測定

デイサービス到着後に体温、血圧、SPO2などのバイタルを計測します。

計測は全て、デジタルで行うため特に計測することに知識は必要としませんが、朝の時間帯は送迎とバイタル測定でバタバタしている場合が多いため、他職員との連携が大切になります。

 

・入浴介助

利用者様のレベルに応じて介助を行います。時間帯としては、午前中に入浴介助を行い、昼前までに終わります。

施設の規模によりますが、1人につき3〜8人程度の介助を行い、入浴介助では1人に付き以下項目の介助を行います。

・衣服の脱衣

・洗体、洗髪

・清拭

・浴槽の出入り

・車椅子からシャワーチェアへの移乗動作

浴場には、介助椅子や手すりなどの設備が整っているため、利用者様のできない部分の介助を行うことになります。

 

・食事介助

デイサービスの食事介助は基本的に昼ご飯のみになります。昼食を配膳し、自ら摂取できない方の介助や食前・食後の服薬介助を行います。

職員の休憩も重なるため11時30分からというやや早い時間帯になります。

 

・口腔ケア介助

昼食後は口腔ケアの介助を行います。義歯の洗浄やうがいの手助け、歯ブラシの管理を行います。

 

機能訓練の補助

デイサービスにおける機能訓練は、個別機能訓練加算として、看護師等(看護師、理学療法士、作業療法士)が行います。

施設によってはこの加算を取る場合と取らない場合に分かれ、取る場合は補助的な役割として行います。

 

創作活動

午前中に創作活動を行います。その例を以下に記します。

・塗り絵

・脳トレ(計算問題、漢字ドリル、パズル)

 

・レクリエーション

レクリエーションは午後から1時間〜1時間30分程度行います。司会進行と補助役に分かれてレクリエーションを進行し、レクリエーションの内容の例を以下に掲載します。

・ボウリング

・輪投げ

・ゴルフ

他にも施設独自のレクリエーションを行います。

 

・その他

午前中と午後に1回ずつ排泄介助を行います。トイレでできる利用者様はトイレ移乗や衣服着脱の介助を行い、できない方はオムツ交換を行えるスキルが必要になります。

 

 

デイサービスで働く3つのメリット

 

・活動に飽きない

デイサービスでは、レクリエーションや創作活動など、利用者様とともに活動を楽しめるような活動を多くの施設で導入しています。

例えば、特別養護老人ホームの業務の場合、創作活動も導入している施設もありますが、デイサービスほど時間を取れるわけではありません。

特別養護老人ホームで働く多くの介護職員は、入浴介助・食事介助・オムツ交換・見守りなどの業務に従事し、業務を行っている最中は苦痛に感じる方は少ないのですが、何も無い時間帯の場合は、苦痛に感じるスタッフも多いことも現状です。

その反面、デイサービスでは空き時間でも楽しめるような活動を導入しているため、そこで苦痛に感じる職員はほとんどいません

また、業務中は送迎も含まれているため、時間がすぎるのが早い仕事とも言われています。

 

・体力が無くても問題ない

介護業界では、重労働と昔から言われていますが、デイサービスの場合は特別養護老人ホームや老人保健施設と比較して、体力は必要としません

デイサービスでは、自宅で生活している方がデイサービスに通う施設のため、ある程度の生活能力は保たれています。そのため、ご自分でトイレにいけたり、入浴もできたりなど見守り程度でできる方が多くおられることが、介護士の体力を必要としないきっかけにもなります。

 

・仕事を覚えやすい

介護業務では、利用者様に必要なことを把握しなければなりません。介護はその人の能力を活かしてできない部分を介助するということが介護の基本です。しかし、経験を重ねるに連れて、相手のことを知らないとどこまで介助すべきか迷うことが多々あります。

これは、介護経験者の場合も同じです。介助方法は知っているけど、相手のことを知らなければ、どこまで介助すべきか迷いが生じます。

しかし、デイサービスでは、自宅と施設内の行動を利用する度に見ることができるため、利用者様のことを覚えやすく、どこまで介助すべきか迷わずに介護を行うことができます。

 

デイサービスで働く3つのデメリット

 

・夜勤が無い

夜勤が無い=夜勤手当てがもらえないということになります。

夜勤がある場合、夜勤手当がもらえます。夜勤手当は5000円〜7000円、基本給とは別に支給される手当てです。

しかし、介護業界では、同じ法人内でデイサービスと老人ホームなど併設している施設も数多くあります。

そこで、施設での夜勤とデイサービスを兼務し夜勤業務をしつつデイサービスでも働くこともできます、

 

 

・レクリエーションの実施

レクリエーションが苦手という方もおられると思います。

デイサービスのほとんどがレクリエーションを導入しているため、司会進行を行いたくないという方は不向きかもしれません。

しかし、私もレクリエーションが苦手でしたが、回数を重ねることで慣れてくることができ、楽しみに変えることもできました

また、デイサービスでは他のスタッフもいるため、毎日のように1人が司会進行を行うわけではありません。

そのため、週に1回か2回程度、大規模のデイサービスの場合は月に2回程度の司会進行になります。

 

・介護技術のスキルアップは難しい

介護技術では、オムツ交換、車椅子からベッド間の移乗動作が含まれます。

他にも、食事介助や排泄時の対応なども含まれ、回数をこなすことで、徐々にスキルが身に付きます

しかし、デイサービスに来られる方は、自宅で生活している方が多いため、ほとんどご自分でできる生活能力を持っています。

そのため、上記で記載した介護技術の回数を重ねることができず、介護技術のスキルアップを望んでいる方はデイサービスは不向きになります。

 

デイサービス介護職員の平均給与

デイサービスで働く介護職員の平均月収は294,980円で、平均年収は3,53,9760円です。首都圏など人口の多い地域によっては年収が400万を超える施設も存在します。

デイサービスでは、夜勤が無いため、他施設よりもやや給与が低いことが挙げられますが、デイサービスと老人ホームを併設している場合、夜勤とデイサービスを兼務でき、夜勤手当てなどで給与を上げることもできます。

 

デイサービス介護職員の給与が変わるポイント

最大のポイントは資格をもつことです。介護業界では、資格の有無に相関して毎月の給与額が異なります。

一概には言えませんが給与が変化する資格を以下に掲載します。

【介護職で持つべき資格】

・介護職員初任者研修修了(旧:ホームヘルパー2級)

・介護福祉士

・ケアマネージャー

ヘルパー取得方法

ポイント

【介護職員初任者研修は(旧:ホームヘルパー2級)】は、養成施設にて130時間の講習を受けて、60分間の筆記試験に合格するとすぐに取ることができます。資格無しよりは給料が1〜3万円変わり、就職できる幅も広がります。そのため、入職前の取得をおすすめします。

東京都のホームヘルパーの平均年収:374万円 (厚生労働省調査)

 

介護福祉士取得方法

ポイント

【介護福祉士】に関しては、3〜5万円ほどアップし、施設基準として介護福祉士を入れなくてはいけない場合も多いため、転職の幅も広げることができます。取得方法は、病院や施設で3年以上の実務経験と450時間の講習(約6ヶ月間)を受講すると介護福祉士国家試験の受験資格が得られます

また、介護初任者研修修了(旧ホームヘルパー2級)を持っている方は、450時間の講習から130時間免除されます。

東京都の介護福祉士の平均年収:約398万円 (厚生労働省調査)

 

ケアマネ取得方法

ポイント

ケアマネージャー(介護支援専門員)】の給与としては、企業によって様々ですが、介護福祉士より2〜3万円ほどアップすることも多く、最終的にケアマネージャーを目指す方が介護業界では多いようです。介護福祉士として相談業務に5年間従事し、ケアマネージャーの試験に合格後、講習を受けると資格が与えられます。また、ケアマネージャーの受験資格は他の資格でも受験することができます。以下に受験資格を得られる資格を掲載いたします。

東京都の介護支援専門員の平均年収:約440万円 (厚生労働省調査)

【ケアマネの受験資格を得られる資格】
医師 保健師 准看護師 社会福祉士 義肢装具士 あん摩指圧師 柔道整復師
歯科医師 助産師 理学療法士 介護福祉士 歯科衛生士 はり師 管理栄養士(栄養士)
薬剤師 看護師 作業療法士 視能訓練士 言語聴覚士 きゅう師 精神保健福祉士

 

 

コロナ禍でもできるレクリエーション!

コロナ禍のレク

コロナ禍でできるレクは道具を使わないレクになります。

これは、スクリーンやプロジェクターを使用して体操や脳トレを行うことです。

2020年からコロナの感染対策が始まりました。多くの施設がクラスターを発生させないように、試行錯誤しつつ取り組んでいますが、特にレクリエーションでは道具を使用するため、道具の使い回しが起こらないように、レク進行中に1回ずつ道具の拭き取りを行っている施設も数多くあり、今までのやりにくさを感じている方も多いと思います。

しかし、利用者様の能力を落とさずに、少しでも楽しんでいただけるようなレクを進行しなくてはいけません。

そこで、スクリーンやプロジェクターを使用して楽しめる方法を考えました。

その方法を以下に記載いたします。

【計算問題】

↑↑ スライドボタン◀️  ▶️ もしくは画面をタップすると進みます

 

【ことわざ】

↑↑ スライドボタン◀️  ▶️ もしくは画面をタップすると進みます

 

このような形で次々とスライドショーを行います。実際に私が勤務していたデイケアやデイサービスでもこれを導入しており、利用者様は淡々と答えることができます。

レクに参加しないような方も、1人ずつ指名してお名前を呼び問いかけることにより、答えていただく方も多くおられます。

計算問題やことわざ以外にもできることが数多くあります。

【その他】

・スライドに歌詞を書き歌を歌う

・漢字の読み

・早口言葉

・間違い探し

などです。

スライドが欲しいという方は下記のお問い合わせ(メッセージ本文)に「スライド希望」とご連絡下さい。無料で配布しております。

また、コロナ禍の感染対策を広めたいという目的から、こちらの記事を皆様が現在働いている施設のサイト紹介していただけると、レクの感染対策に困っているより多くの方に情報を発信利用者様ご家族のご理解を得るため、施設で働いており、掲載できる方は是非掲載をよろしくお願いいたします。

施設サイトにて掲載していただいた施設・法人様には、定期的に新しく作成したスライドをメールにて自動送信いたします。

※使用するにはパソコンにパワーポイントが必要です。お問い合わせの氏名はニックネームでもOKです。

 

     

    コロナ禍レクを行うメリット

    大型スクリーンで行う場合、計算問題や漢字問題など誰でも解けるような簡単な問題を推奨しています。

    立命館大学人間科学チームが行った高齢者向けのプロジェクトでは、高齢者に簡単な問題を実施させることで、認知機能を司る前頭前野の動きを活性化させたという研究が行われました。

    気になる方はコチラを読まれて下さい⇨【 立命館大学人間科学チームの研究】

     

    私もデイサービスで長く経験をしてきましたが、紙と鉛筆を渡して、毎回のように計算問題等を解いてもらうには、「持続できない方」「鉛筆を持てない方」に分かれて、最終的に2割〜3割程度の方しか持続してもらうことができませんでした。

    しかし、大型スクリーンを導入すると、紙や鉛筆は不必要なので、ほぼ100% に近い参加率に変わりました。

    また、毎回のように準備していた計算問題や漢字問題の用紙など用意する手間を省くこともできました。

    他にも、ほぼ寝たきりの方に、スライドで歌の歌詞などを見せて、利用者様全員で歌うことにより、一緒に歌うような場面も見受けられました。

     

    大型スクリーンを導入することで多くのメリットを得ることができ、参加率も劇的に変化しました。コロナ禍のレクにおいては、パーソナルスペースや道具の消毒などを考慮しないといけないなど、悩みを抱えている方は是非参考にされて下さい。スライドも無料配布していますので、是非お問い合わせまでご連絡下さい。

     

    デイサービスの介護求人をお探しの方はコチラ

    右にスクロールできます>>>>>

     

     

    -リハと介護の転職

    © 2024 Powered by AFFINGER5