リハと介護の転職

【介護老人保健施設】辞めたいと思う5つの理由!その解決策と他の転職施設も紹介!

こちらのコンテンツでは、介護老人保健施設を辞めたいと考えている介護士の方に向けて、辞めたい理由と解決策を紹介しています。

また、介護士として続けたい方に、介護転職前に必要な選択方法を紹介し、各施設ごとの仕事内容を掲載しています。

是非、参考にされてください。

 

目次

介護老人保健施設を辞めたい5つの理由

 

① 肉体労働である

介護老人保健施設では、介護度が高い方が数多く入所されます。

また、患者様が病院を退院した後すぐに入所されるため、様々な病気や怪我に対応しつつ、多くの方の介護をしなければなりません。

さらに、介護老人保健施設では、施設規模が大きいため、多くの利用者様の身体介護に携わることになります。

そこで、肉体的な疲れや最悪の場合、腰の怪我によって離職したいなどと考える方もおられます。

 

② 人間関係が原因

介護老人保健施設では、民間企業では無い場合が多いため人間関係に悩み離職される方は少ない傾向です。

特に民間企業で運営している施設では人間関係に悩み離職される方が多くおられます。

以下の表をご覧ください。

参照:厚生労働省

参照:厚生労働省

 

このように、民間企業では離職率が高く、医療法人や社会福祉法人などの離職率は低い傾向です。

人間関係に悩み離職される方もおられますが、介護老人保健施設では、病院・特養・グループホームなど様々な施設と併設している場合が多いため、人間関係に悩みがある時は、併設されている施設へ異動できる場合もあります。

 

③ 夜勤が辛い

夜勤は3交代制をとっている施設が多いため、日常生活リズムが狂い睡眠不足に陥る方もおられます。

この睡眠不足は抑うつ傾向にも直結しているため、活気のある仕事を行うことができなくなります。

そこで、辞めたいと思う方もおられます。

他には、夜勤中のマンパワー不足により、肉体的にも辛いと言う方もおられます。

 

④ やりがいを感じない

介護老人保健施設では、レクリエーションや創作活動などが少ない傾向です。

そのため、身体介護を中心とした業務が多く、毎日同じような仕事内容にやりがいを感じなくなる方もおられます。

特に、リハビリに力を入れている施設ということもあり、訓練を行うことはありませんが、補助的な業務として、専門士と共にリハビリに携わる場面もあります。

 

⑤ 入れ替わる利用者様に対応できない

介護老人保健施設では、3〜6ヶ月間のリハビリを終えると、他施設や自宅などに帰宅されます。

退所する方も多い反面、病院などから入所される方も多く、様々な病気や怪我をされた利用者様に対応しなければなりません。

忙しさがある中であらゆる利用者様の対応について行けず、辞めたいと思うきっかけにもなります。

しかし、介護福祉士やケアマネージャーなど資格取得後にもあらゆる場面で対応力が身につき、長く勤めることで給料を上げるだけではなく、介護技術などのスキルアップも望めます。

 

介護施設の給与比較

厚生労働省が調査した施設別の平均年収で、介護老人保健施設は全体の2位に位置しています。介護業界の中では、給与が高く、働いている方の中でも、「給与が高いから選んだ」という方も多くおられます。

1年目平均給与額 1年目平均年収 全体の平均給与額 全体の年収額
特別養護老人ホーム 312,410円 3,748,920円 350,430円 4,205,160円
介護老人保健施設 301,370円 3,616,440円 338,920円 4,067,040円
訪問介護 272,740円 3,272,880円 306,740円 3,680,880円
介護療養型医療施設 269,830円 3,237,960円 306,420円 3,677,040円
通所リハ(デイケア) 265,360円 3,184,320円 305,660円 3,667,920円
小規模多機能施設 262,640円 3,131,680円 287,980円 3,455,760円
グループホーム 274,680円 3,296,160円 287,770円 3,453,240円
通所介護(デイサービス) 258,000円 3,096,000円 280,600円 3,367,200円

参照:令和2年度介護従事者処遇処遇状況等調査結果

 

介護老人保健施設を辞めたい前の解決策

・辞めることを悩んでいる時

① 業務内容を改善できそうなことから始める

仕事が他の人と比べて遅れているなど、個々の力で改善できそうな場合はスキルアップが必要です。

1度仕事内容を見つめ直し、改善できるポイントを整理することが大切になります。

 

② 断れる業務は無いか判断する

施設側も個人に無理な業務を押し付けている可能性もあります。

初めに断るということが大切です。

例えば、ご自分の能力と合わないトランスファーなどを行わねばならない時や施設イベントが多すぎて残業が増えて来た場合、断ることが大切になります。

断ることで、業務中の怪我も防ぐことができることや余計な業務を増やさず負担を軽減することに繋げることもできます。

 

③ 上司やアドバイザーに相談

上述した悩みを1人で解決できない場合は、上司やアドバイザーに相談することも大切です。

上司に相談するメリットは業務内容そのものを改善してもらえたり、負担が個人に偏らないようにしてくれる可能性もあります。

転職企業のアドバイザーに無料で相談することもできます。

アドバイザーは転職を進めるだけではなく、施設内の悩みも相談に乗ってくれ具体的な解決策もアドバイスとしてもらうことができます。

 

・辞めると決めた時

※退職前に転職先を決めてから退職することをおすすめします。

① 退職時期と方法を検討する

【退職時期】

何年の何月何日に退職すべきか考えます。

・引き継ぎできるか

・賞与をもらってから退職するか

・退職金が出る時期に退職するか

・有給の残りを全て使ってから退職するか

 

【退職方法】

・上司に報告し退職届を提出する

・周囲に報告する

 

② 転職活動を始める

以下に特養は辞めたいけど介護は続けたいという方へ、転職活動の方法を紹介しています。

是非、コチラもご覧ください。

 

③ 退職する

退職するとなると上司や周囲に報告しなければなりません。なかなか自分から踏み出せない、相手にしてもらえないブラック施設も存在します。

このような方は退職代行をご利用ください。

退職代行について詳しくはコチラ

 

 

介護職を辞めた理由

介護業界全体で介護職を辞めた理由です。厚生労働省が調査し発表した結果も記載しております。

1位:職場の人間関係に問題があったため  20%

2位:結婚・出産・妊娠・育児のため  18.3%

3位:法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため  17.8%

4位:他に良い仕事・職場があったため 16.3%

5位:自分の将来の見込みが立たなかったため 15.6%

6位:収入が少なかったため 15%

7位:新しい資格を取ったから 11.5%

参照:厚生労働省

 

介護老人保健施設を辞めて介護の仕事を続けたい方へ

介護の仕事は続けたい方は下表をご覧ください。介護士が活躍している施設一覧を目的別にまとめています。

是非、参考にされてください。

 

・介護老人保健施設からおすすめの転職先

◎=とても良い ◯=まあまあ良い △=きつい

右にスクロールできます→

①高給与 ②短時間勤務 ③身体の負担 ④人間関係 ⑤やりがい
特養
老健
訪問介護
デイケア
デイサービス
グループホーム
有料老人ホーム
サ高住

 

 

・介護士が活躍する各施設の特徴

以下のコンテンツに詳しい施設の特徴をまとめています。以下も是非参考にされてください。

詳しくはコチラ

 

 

・【都道府県】介護転職会社

以下は各都道府県ごとに求人数が多い介護の転職会社です。求人数をランキング形式まとめていますので、コチラもご活用ください。

右にスクロールできます>>>>>

 

 

まとめ

介護老人保健施設で辞めたいと思う大きな理由は、身体的な負担が大きいことです。すでに持病をお持ちの方や体力に自信の無い方は難しいかもしれません。

しかし、介護士界隈では特養に次いで2番目に給与が高いという大きなメリットから選ぶという方も多くおられます。

上述した内容を参考に介護老人保健施設に転職すべきか辞めるべきか考えてもらえたら幸いです。

 

-リハと介護の転職

© 2024 Powered by AFFINGER5